アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

田舎の親の住宅どうする?

 親も子供も元気な内は考えてもみなかったのに、先に逝くのが一般的には親です。遺産として残されたお金や株は荷物にならないので受け取りますが借金は不要です。又、不動産と言われる土地建物があります。これは換金化、維持管理が大変で後々、問題となる場合が多いようです。

 一般的に全てを相続する方法とプラスの財産とマイナスの財産を比較してマイナスを清算した後、プラス分を相続する限定相続という方法があります。更には相続放棄という選択もありますが、こちらは3ヶ月以内に届けを出さなければなりません。

 特に相続税は、相続人死亡の日の翌日から、10ヶ月以内に相続の申請が可能とされています。納税期限も同じです。納税は金銭が原則ですが延納と物納制度があります。

 現金が無く、住宅や土地がほとんどの人が多いので「親の住宅」を売却して納税することも多いことでしょう。都市部なら換金性も高いのですが、地方ではなかなか売却が困難です。早めの検討が必要となります。

 死後3年目の12月31日までの間に売却すると持家の3000万円の税額控除が使えます。その時、持家が耐震性の低い家の場合、解体完了後の引渡しでないと特別控除の3000万円が使えません。

 解体される現場を見ると涙が出てしまうので、見ない方が良いとも言います。

 私も実家に残された家具から昔の写真がでてくるとじっと見入ってしまいます。

 あれもこれも以前住んでいた頃はいつも身近にあった物ばかり。

解体により、これら全てとお別れとなるのです。

 まだまだ、書き尽くせませないノウハウが沢山あります。

その折はどうぞアイ・ホームまでご一報下さいませ。

肺MAC症は浴室から

 換気をしながら風呂場を掃除しないと肺MAC症にかかりやすくなります。

MAC菌という結核菌によく似た菌の感染で起こる病気が肺MAC症です。

MAC菌は浴槽のお湯の注ぎ口やシャワーヘッドのヌメリや湯垢にいます。42℃前後の温度で繁殖しやすく、気密性の高い風呂場はMAC菌の繁殖に最適です。

 こうした風呂場などで、しぶきや、霧状の水滴を肺に吸い込むと発症します。

「咳や血の混じったたん」が出て、発熱全身のだるさ、食欲低下、呼吸困難で酸素療法が必要になるほど危険な状態になることもあるようです。

お風呂の水を抜くときは?

高断熱高気密住宅にお住まいの方は、お風呂の排水を行われる時には、ぜひとも、浴槽の小窓を少し開けて排水をお願い致します。

 

排水の体積分の空気が?

排水による浴槽の水位の変化は、その排水に見合った体積の空気が室内側に供給されなければ室内はその分負圧になります。よって高断熱高機密で第一種熱交換気扇でコントロールされた室内側をプラス圧の空気環境にコントロールして、外からの湿気や粉塵の流入を防ぐ機能が働かなくなるおそれがあります。

 

浴室を清潔に保つには

水を抜いたら、外気が排水口から入らないように必ず、排水口にキャップをしてください。しっかり排水が完了したら排水用の飛び出していたキャップを下ろしてあるかどうか確認です。

次いで、室内をバスタオルの使用済みのものでも良いので、水滴をきれいに掃きあげることでバスルームの乾燥が進みます。

尚、水を抜く時に開けたバスルームの小窓は閉めてください。

話していると、息が白く見える家?

 アイ・ホームの社員で設計や現場の専門のA君に某社のチラシを見せてどうしてこんなに安いのでしょうか、と質問したところ「実は」ということで説明がありました。

 A君の友人が新築の建売を購入したとのことで、子供さんとその家を訪問。話ながら気付いたことは、

「話していると息が白く見える」ということでした。とても寒い日であったようですが、世界保健機構(WHO)はガイドラインで冬季の住宅の最低室内温度を「18度以上」と勧告しています。

 尚、当節のコロナ対策として湿度は40%以上が理想とのこと。

冬場に1度温かい家に住むと

脳神経が2歳若くなる

慶応義塾大学理工学部の伊香賀俊治教授らが2016年から調査研究された結果「冬場に1度温かい家に住むと脳神経が2歳若くなる」ことがわかったとのことです。

 さてアイ・ホームのA君は、お子さんと二人で、当社で建てた家を訪問した時の話もしてくれました。

 その家も子供同士が友達だったから、新築のお祝いに出かけたとのことでした。先の「息が白く見える家」を訪ねた後だったので、よ程その差が顕著となってしまったのですが、

 子供さんは帰り道で

「あの家、暖かいからまた遊びに行こう」と言っていたとのこと。

「子供は正直ですよね」とも!

 

5度暖かいと、10歳脳が若くなる

 室温が5度暖かくなることで脳年齢が10歳若く保てるのだとか。

寒い家では、室温の変化が激しく血管の拡張収縮が繰り返されて、動脈硬化が進化しやすく脳が早く劣化してしまう・・・・?

 住む家の冬場の室温で

脳の老化のスピードが異なるとは!!

 

ウォーキングデビュー

 減量は現代のビジネス対象となっています。様々なチャレンジを重ねて、限られた方が成功者であり、その他大勢は山程の失敗を重ね、絶望の日々を送っているようです。

 そこで、その他大勢の代表格とも言える私は、散歩をすることにしました。

 1日で8000歩~6000歩ぐらいを、早足で毎日、1月で約1㎏減量できそうです。ということは、1年で12kg。素晴らしいことです。ということで早速、早朝40分程歩いて来ました。

 以前は、様々なダイエットサプリを試してみましたが、ダメでした。同時に5種類のサプリを採用しましたが、まったく効果がなく、それ以来どのようなダイエット広告にも、冷めた視線を送っていたのですが、散歩ならなんとかなりそうということで、開始しました。

 朝5時、朝早起きしなくても自然に目が覚めるので。更に、外気温も低く、日差しも直射日光無しです。夏は早朝はゴールデンタイムです。人目に付きにくいのも有難いものです。浅ましく、生に執着していると見られては恥。

 目標は、元気で自然と親しめる時間をもう少し楽しみたいと考えているか、ゆったりと楽しみながら体力をつけたいものです。

 未来は希望ではなく、リスクの山積みする時代のようです。コロナ、ロシアなど。せめて体力だけでも付けておく必要がありそうです。天候異変などで自分の知り合いの人に、何かあっては大変です。体力があれば自分も周囲の人も助けたり、助けられたりできそうです。

福祉施設もマッハの時代

 宮崎市のイオンモール近くに建設中です。区画、整理が行われており、利便性に富んだ地区です。

 西松屋さんやコスモスなどの商業施設も近く、施設を利用される方々のご家族の方も、お出かけの折に立ち寄っていただく機会が多いと思います。

 BEMSはITを利用した業務用ビルの照明や空調などを制御して、最適なエネルギーの管理を行うものです。

 福祉施設では、老人や障害者を守る為に、空調による温湿度管理が欠かせません。

 建築における断熱性能のアップや換気による熱ロスのコントロールなどを上手に管理することで運営コストの低減が可能な時代となっています。

アイ・ホームは

ZEBプランナー登録

ZEB2021P-00085PGC

登録種別 設計 設計施工 コンサルティング

住宅・建設物需給一体型等省エネルギー

投資促進事業費補助金

<ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業>

<一般社団法人環境イニシアチブ>

以上の認定を県内で初取得しました。これからも、地域経済の発展に貢献してまいります。

月別ブログ一覧

過去の投稿はこちらから 家づくりblog毎日更新中!! おもしろいからぜひ読んでみてね