冬は太陽で暖房、夜エアコン

 省エネの極意はガマンではありません。こと冷暖房の場合、自然の恵である太陽の熱を利用して、家を暖房したり、夏には太陽熱を遮蔽して涼しくする暮らしの工夫が大切です。

 冬の太陽熱利用は窓から日差しを取り入れることで、エアコン無しで全室暖房が実現可能な日が晴天なら宮崎では当たり前です。

 この時マッハシステムの家は南側の熱を送風ファンで北側にも床下にも送りますので、太陽がエアコンの暖房の代わりとなります。

 晴れていれば、ほぼエアコンは稼働しなくてもOKです。夜は冷え込みますのでエアコンを稼働させて下さい。

 夏場は太陽熱の遮蔽がポイントです。日中は太陽熱を直接入れないこと。朝夕の日差しは窓から入射することが多いことと思われますが、これを外付けブラインドやシャッターやカーテン等でシャットアウトしたいものです。直射日光でない、北側の窓からの間接光でも夏場には熱をともなっています。

 冷房で体の冷えた状態で、夏場北側の部屋のカーテンを開けると、顔の皮膚に熱を感じることができます。直射日光でなくとも、明るい間接光に熱エネルギーが入っているのです。

 加えて団地などで北側に家が立っていると、夏の太陽で熱せられた家から輻射熱が南側に放熱されてきます。更に熱線反射ガラスが北側の家で使用されていればこれは大量の熱が光を伴っていなくても南の家の北側窓に向けて放射されていることになります。

家づくり初心者が気付くこと

 新築の家に入居した方々はそれまでの「冬は寒く、夏は暑い、梅雨時は湿気でこまった」ことが、新しいエアコンで快適になったと満足されることになります。毎年新しい機能が開発されるエアコンは使いやすさや、快適さをアピールしています。

 家づくりの中で断熱性能が改善され、更には確実な換気を実現するために、気密性能が上昇すると、これまでのエアコンは付加され続けて来たエアコンの機能の大半が必要なくなって来ています。エアコンにつけられた様々なセンサーが高額な出費を生み出しているのです。

 エアコンの性能の中で人感センサーが働き、人の位置を確認して、冷風、温風を送風する機能などがムダな出費に当ります。

 アイ・ホームのマッハシステムは調温調湿された空気を大量に送風ファンで各室、各場所(廊下・玄関)に吹込み、空気の入れ替えをしています。

 空気そのものを快適温湿度に調整し、入れ替えてしまいますので、空気の「滞留、淀み」などで温度差が生じないことになるのです。

アイ・ホーム住まいの通信発刊にあたり

 この度、OB施主の皆様へご入居後のサービス充実の為

「アイ・ホーム住まい通信」を発刊することと致しました。

「家」は入居後のお手入れや、住まい方でいつまでも美しく丈夫で建物の財産価値を維持し続けることができます。

 

 アイ・ホームではOB施主の皆様へ末永く安心、安全にそうしてお元気にお暮しいただけますように、この「アイ・ホーム住まいの通信」を年4回の予定でお届けしたいと考えております。

内容は

①お引き渡し、入居後の経過年数に応じたお手入れ情報、チェックポイント

②季節毎の住まい方情報

③住宅設備機器の更新についてのチェックポイント。新製品情報

④住宅の周辺、外構造園情報

⑤定期点検、実施報告レポート

⑥お客様とアイ・ホームからの Q&A

⑦相続資産(土地・建物)相談 Q&A

⑧住まいとペット情報

⑨アイ・ホームからのお知らせ

 

以上のような内容で編集しOB施主様にお役立ち出来き、待たれる情報を随時お届け致したいと願っております。

高気密高断熱は省エネ

 エアコンは常に動いていません。エアコンには熱センサーが付いています。過熱しないように指定した設定温度に到達したら自動的に動きを停止してしまいます。更には加熱、冷却機能のレベルを自動で下げたり上げたりして室温の維持を行います。

 マッハシステムで使用するエアコンも同様に一定の範囲で自動的に安全に快適を維持すべく作動しています。

 そこで、前提となる家の断熱性能がアップすると、当然エアコンの能力もそれ程、大きなものではなくても良くなります。

更にはエアコンの14畳タイプでも24畳が賄(まかな)えたりします。

 アイ・ホームの場合は30坪までの家であれば一般的4Kw~5.5Kwのエアコン1台で大丈夫です。

広さで言えば、60畳の家を、14畳~24畳タイプのエアコン1台でOKということです。

加湿器の利用について

 人の肌や髪の毛には湿度60%程度が最適だと言われています。冬になると静電気が発生しますが、湿度60%くらいになると静電気は発生しにくくなると言われています。

 空気中の湿度が低いと、人の口からの飛沫が遠くまで到達するとのこと。国の理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」を利用した実験では、湿度30%の室内に比べて、湿度60%の室内では、60%の方が三分の一に抑えられたとのこと。加湿はウイルス感染対策としても有効だとのこと。

 

 

 湿度30%と60%では60%の方が体感温度は高く感じられ1℃~2℃温かく感じられると言われています。エアコンの温度が同じでも湿度が高いと、暖房時の効果は高く感じられるということです。

上手に加湿すると省エネ効果が得られることになります。

 室内の温度が場所により異なる家は、床、天井、窓辺など冷たい所に加湿によって結露が発生する原因となる場所があります。一般的な暖房である各室エアコン利用の場合には心配です。一方、マッハシステム(大風量小温度差空調・特許技術)の場合には、部屋中の表面温度がほぼ一定となる、冬であれば24℃前後となることで、結露の発生が見られません。

 アイ・ホームのマッハシステムでは、加湿器は空調ユニットの近く、室内側(空調ユニット内は避ける)に置いて頂けると、給水の利便からも効果的で、空調ユニット内のDCファンにより全室に加湿空気が搬送されることになります。

 又、リビングの大空間に加湿器を設置されても、マッハシステムの大風量により流れる室内空気と加湿器からの加湿された空気の混合が、大きく混合されることになりますので効果的です。