アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

住宅ローン控除の改正

手続き等の見直し

 

 住宅ローン控除率、控除期間の改正が令和7年12月31日まで4年延長されました。

 

①所有案件2000万以下(改正前3000万円)に引き下げられました。

 

②床面積が40㎡以上50㎡未満の住宅家屋(新築または未使用に限る)で令和5年12月31日以前に建築確認を受けたものも適用可(但し、そのものの合計所得が1000万円超える年は適用不可)

 

③登記簿上の建築日付が昭和57年1月1日以降の家屋については、新耐震基準に適合している住宅家屋とみなされます。

日銀の政策変更はこれ以上のドル高は容認できないとなると、金利が上昇します。家づくり計画中の方は早めに現状での低金利10年固定などを選択された方が良いでしょう。変動金利の良さもありますので、ここは自己責任ということになるようですが。

リバースモゲージとは?

<フラット35

 「リバースは逆」「モゲージは抵当、抵当権」という意味です。

60歳以上の方への住宅ローンは事実上ムリですので、発想を変えて、その土地と家に抵当権を設定することで融資を実行。その上で金利のみを返済して、いよいよの時には、土地家を売却して返済。この時2タイプの返済法があります。

 ノンリコースローン。所有権を放棄して返済完了方式。

 

 リコースローンは土地、建物を売却」して余った額は相続人へという返済方法です。

 

「リバース60」の登場

リバース60の仕組み

住宅金融支援機構と提携している民間金融機関が提供する住宅ローン

夏の暑さ対策一番の家 宮崎市 完成邸見学会レポート

展示会の会場に施主様がご来場され「この暑さでマッハシステムが本当に効くのだろうか」と心配だったとのこと。しっかり、温度コントロールが出来ていました。

 驚く程コントロールが効いていたのですが、じっくりと観察して、

なる程、原因がありました。

庇が長く出ていること

 南側の庇が長く出ていることで、夏の日差しが室内に入らない。南側に1m程の日影が出来て、地面からの夏の照り返し、輻射熱を防いでくれていました。

南面する庭が芝生

 南面する庭は隣地のワンチャンのドッグランとなっていて、芝生が植えてありました。芝は地中の水分を吸収して蒸散しますので、表面温度が砂やセメントのように高温になりません。

南側の家の影が伸びて

 昼過ぎから、南西に建てられた隣家の影が、南面の庭に伸びて大きな影を作ります。輻射熱が西日で増す時間帯には、ここが日影となり、午前中より涼しくなります。

夏は窓からの輻射熱が70%以上室内に影響

南側の掃き出し窓に影響する太陽熱の輻射熱が先のような条件により、見事にクリアしてこれまでにない、家を取りまく環境要因を上手に取り入れた建築計画が夏を涼しくする性能を効果的に倍増してくれたことになります。

 

なんと、エアコンの設定した温度にプラス1~0.5℃が室温

 

5.4Kwのエアコンは20畳タイプですが、35坪、約70畳の家全体を快適温度にコントロールできていました。

午前中は東側の家が太陽熱を遮蔽

更に西側の家の影が西日をカット

 

宮崎でも利便に富んだ住宅地、東側にも西側にも真新しい家が建っていました。この家の影が午後は展示住宅に伸びて来ます。この日影効果も涼しさの有効ポイントとなっているようでした。

以上、これ程、冷房効果を高める立地を選んだ家はなかなか今後も出ないような気がします。だからタイトル通り「夏の暑さ対策一番の家」と言えます。もちろん、お施主様は「涼しい家」であることを確認され、安心しておられたようです。

 

隣は西日が暑いので

分かる人がみれば?

 宮崎の波島地区でアイ・ホームの現場がありました。近くに住まれていた方が地鎮祭から基礎工事、上棟の全ての工程をつぶさにご覧になられたとのこと。その方は東京の大手ゼネコンで働いておられました。

 或る日、佐土原町内の春日台で完成邸見学会を開催することがありました。その折、近くの空き地を駐車場にお借りできないか所有者の方を捜したところ、先の大手ゼネコンのOB様が所有者でした。

「私は、土木には詳しいが、アイ・ホームの基礎工事、一部始終見させて戴いた。これ程の工事をする所であれば、まちがいない家をつくると思い、近くだったので毎日見ていました、どうぞ使ってください」とのことでした。

 「欲しい人がいたら、アイ・ホームなら売ってあげる」とのことで駐車場の交渉に行ったアイ・ホームの担当者から報告がありました。

お蔭様です。有難うございます。

 理解力がなければ、見ても分からないのが家づくりです。

良い家づくりかどうか、そうでないか、一定の知識がないと理解できないものです。

 家の外から白蟻が侵入しないように、腐朽しないように、防蟻防腐処理をした外胴縁(そとどうぶち)を外壁の下地材として採用しているのはアイ・ホームだけのようですが。これ以外にも沢山の工夫がされて家づくりは完成してゆくのです。

見所はあっても分からないではなく、その見所の分かる人が見ると分かる不思議が玉石混淆の建築業界とも言えます。

土地捜しの努力

 お客様がせっかくマッハシステムを気に入って下さったのに、お目当ての土地情報がなく、「何も言って来ない」との残念な感想がありました。

 私が営業をしている時には、この土地捜しは重要なポイントで毎日、不動産情報に気を配っていました。

 新聞、情報紙、不動産業者の方々からの物件収集を行い、毎週のようにお客様へ情報をお送りしたものです。この情報ファイルがお客様の目に止まり「これだけ紹介してもらったのだから、あなたに頼みます」と決めてくださったお客様もおられました。

 

 アイ・ホームの関連不動産会社にクリーン不動産があります。

「ミネルバ不動産」はNHKの「正直不動産」の番組で悪役でしたが「クリーン」ということで正しい取引をお客様の身になって行うことを目標にネーミングされています。

 アイ・ホームの住宅営業担当者とクリーン不動産の担当者が協力してお客様の納得して下さる土地情報をお届けすべく密度の濃い情報を収集して参りたいと存じます。

月別ブログ一覧

過去の投稿はこちらから 家づくりblog毎日更新中!! おもしろいからぜひ読んでみてね