アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

アイ・ホームの家づくり365日 近隣清掃

 

2021年6月3日   近隣清掃

アイ・ホームでは毎週木曜日、近隣清掃の日を設けています。

自動車事故にあわないよう赤いユニフォームを着て行います。

来週もやりますよ!木曜日。

ズーットネ!!

アイ・ホームからの提案 目で楽しむ庭(Ⅲ)

これまで家庭菜園ばかりお見せしましたが、

花も大切なお庭の主役です。

今年はバラが素敵でした。

玄関前は花の混植です。

宮崎に移住者14倍

宮崎県の資料によると、2019年度、本県への移住者は558世帯で、13年前に比較すると約14倍に増えている。

このところのコロナ禍で自然・豊かな宮崎に更に多くの人々が移住してくるように思われる。現実に、北海道から宮崎市に移住される方や、東京から川南に移住される方々から移住後のお住まい造りのお手伝いをさせて頂いています。

様々な動機で移住されていますが、中には宮崎の農業に参入される若い方もおられます。

 

農地の値段は無い?

機会があり、高鍋町の某地域で、宅地と農地の調査をしたところ、就農者が高齢化し、若者は都会に出てしまうため、離農が相次いでいるという。60代以上の就農者が大半で、近いうちに誰も農業をしなくなると嘆く声を聞いた。農地は貸しても対価を得ることは考えず、一ツ瀬畑灌(かん)水の利用代を負担するだけで、ほぼ無料で利用できる状態だという。

農地利用が水利用代だけとなれば、これから農業を始められる方にとって大きなチャンスなのではないでしょうか。

 

農地の実売買価格は?

  330坪(1反)で、20万~40万だとのこと。それも一団の土地として、広く平坦な農地ならば、機械の利用がしやすいとのことで、たまに取引がある程度だとのことです。

「五反百姓出ず入らず」という言葉がありますが、自給自足が可能で、「金が残りもせず、借金もせず、また他人の手も使わず内輪の手で足り、恰度(ほとんど)とんとんの経営であるという意味」です。

老後が心配なら宮崎で!

昔から時給自足のできる、五反(1500坪)の農地を「タダ」で耕作し、水代だけは必要ですが、充分生活できるとしたら。仮に購入しても200万円もあれば五反の農地を取得できます。しかも、貯金は使ったらすぐに無くなりますが、畑は耕せば恵みを生み出します。中古農機は今やいくらでも手に入ります。体を使えば健康にもなれます。

若者よ、農地を買って老後に備えよう。年寄としては今の若い人に、汗して働く喜びを知ってほしいところです。

白アリ多発の季節です

梅雨時の湿度の高い、少し蒸し暑い日に白アリは、

巣から出て新しい家族をつくる旅に出発します。

風のある日が、彼らの飛行に最適です。自力では遠くまで飛べません、

だから、高い所に上って、風に乗って飛び立ちます。

 


羽シロアリ


電球の明かりに向かって飛行するものもあります。

部屋に飛び込んだ白アリは、早々と羽を落として、家の床をチョコチョコ歩き出します。どこか住み心地の良い場所を探しているのです。2匹いると、一方がメスに一方がオスに成って、行列をつくって畳の隙間などから床下に入って行きます。白アリのカップル誕生です。

白アリ被害のチェック

さて、白アリに大切な我が家が食べられないように、自ら努力してみましょう。

白アリは太陽光や風、乾燥がきらい!

 白アリの体は、やわらかく、湿気で守られていないと、活動できません。蟻道は給水源となる地中から伸びていることになります。

白アリの群れに風を当てると、体の乾燥をきらって、四方に逃げてゆきます。

蟻道を探せ!

 家の外周、基礎の内側など年に1回から2回ぐるりと見廻ってほしいものです。

これだけでも90%近くの被害は防げます。

泥のトンネルの中を白アリが移動します。

よ~く注意して見てみましょう!

事務所 メンテナンスいたしました

①アイ・ホームの事務所

玄関及び木部のメンテナンス完了

 

②南から見る

 

③玄関もすっきりしました

月別ブログ一覧

過去の投稿はこちらから 家づくりblog毎日更新中!! おもしろいからぜひ読んでみてね