アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

10年で入替、部品交換不能が困る

 

 電気製品で20年利用されているものはほとんど無いようです。新製品の方が使い易かったり省エネであったりして交換され、古い物は廃棄(はいき)される運命のようです。

全館空調のダクトタイプの電気メーカー製造のエアコンは、換気と調温調湿を同時に行う複数の機能をパックにした機器となっています。約10年の更新期間を経過した後には、部品の交換や、機器の入替えが必要となりますが、その時対応できないメーカーが出て来ることも考慮すべきです。

 パックタイプのメーカー製造の全館空調機器は大型化しやすい為、建物の一部を解体して取り出し、入替え後、再度美装工事が必要となります。よって、大がかりな改修工事が必要となることから、更新時の必要な工事費用の負担が、空調機器の交換費用となるため大変です。

パックタイプのダイレクト式エアコン

 さて、先のエアコンから冷房時に15℃の冷風が直接、直結されたダクトに吸い込まれて行きますのでエアコン本体に近いダクトの内壁は20℃程度に冷やされてしまします。この時、室温が設定の25℃程度まで冷やされているとサーモが働いて冷房がストップします。この時、換気の為の室内空気が室温25~27℃でエアコンから直接吸い込まれてダクトを通過します。仮に27℃の空気が吸い込まれ、20℃に冷やされたダクトに触れると結露を起こします。この結露に埃が付くと、黴(カビ)が発生します。

 パックタイプの全館空調ではこのダクト内のカビが歳月を経ることで大量に発生することになります。メンテナンスが困難な天井裏等にダクトが隠蔽されており、搬送される空気質が劣化する元となります。健康被害も予想されます。

 一方マッハシステムではエアコンは市販品、DCファンも同様。及び第一種熱交換気扇も市販品で、それぞれ分離して用いていますので、冷房時の冷風が直接ダクトに流れ込むことはありません。ダクト内に結露やカビは発生しにくいと申せます。

マッハシステムのデメリット

①羽毛布団の利用機会がなくなり、高価な投資を悔いてしまう。

Because

 年中家中快適温湿度を実現するアイ・ホームのマッハシステムの住まいでは、寝具は1年中、夏物の軽い掛け布団程度でOKです。

 

②子どもの教育に気をつける必要があります。

他所(よそ)の家に行った折に、

「何故寒いのか?」

「寒いから帰ろう」

「何故暑いのか?」

「暑いから帰ろう」

(などとストレートな感想を言わないように教育すべし)

Because

 年中家中快適温湿度を実現するアイ・ホームの家で育った子ども達の常識は、「家の中はどこでも快適」なので、他の家との違いを教え、決して「寒いから帰ろう」などと言わないようにしておかねばなりません。

 

③外出時には、当日の気温を天気予報でチェックして、その日の衣類を選択する必要があります。

 

Because

 年中家中快適温湿度を実現するアイ・ホームのマッハシステムでは、室外の寒さ、暑さがわかりません。天気予報で外出時の装いをチェックしましょう。

 

④誰でも家に呼ばないようにしましょう。夏は涼しくて人のたまり場に、冬も温かくて人が集まります。

Because

年中家中快適温湿度を実現するアイ・ホームのマッハシステムでは当たり前。他の人には悔しい、口惜しい性能です。用心用心。

 

⑤1年間のエアコンの電気代が全館空調なのに3万円以下であること、自慢げに他人に話さないこと。

Because

他人の幸せは、反感を買いやすいことにも注意しましょう。

 

もったいなくない建て替え

 2000年以前に建てられた家で耐震改修をする時、問題となるのが低すぎる基礎の安全性能です。

 木造住宅の家づくりを担って来た、私共建築工事業の人々は、必ずしも科学的な知識をもっていません。耐震設計と言われる設計上の裏付けがないまま建てられて来た家が大半となっています。

 基礎工事は、上物の建物を合理的に支える構造計算に基づき施工されねばなりません。それでも後からの補強でも「設計性能表示」は利用可能です。安心の裏付けのなかった昔の建物でも公的な証明の付く「設計性能表示」で安心です。しかし、これが出来る会社は、ほとんど有りません。

アイ・ホームには、それが可能となる人材、人財がいます。

 2度目の家づくりの背景には、住む人の家族構成も変わっています。夫婦の老後を断熱性の高い、マッハシステム工法利用の全館空調などで快適に暮せる住まいにしてはいかがでしょうか。

「生活感」と言われるステージチェンジが可能です。「年中家中快適温湿度」の家に暮せるメリットはある意味、「生活感」の革命です。

加えてヒートショックや冷暖房費用の削減が可能であれば、老後の経済的費用負担が軽減可能です。

 一度マッハシステム工法の家に住んでしまうと、快適すぎるから昔の暮しには戻れないのです。

夏、扇風機や打水をして涼を楽しんでいた人もエアコンの冷房の方が快適なことは直に理解されることでしょう。

 暑さ寒さから体を守ってくれるマッハシステム効果による体の負担の軽減は、いつの間にか血圧の改善効果などの健康増進効果をもたらしてくれます。建て替メリットは、老後を元気に暮らせる健康サプリ効果とも言えるかもしれません。

健康にも自信のなくなる老後、私達の暮しが年中快適温湿度に守られており、バリアフリーで車イスでも利用可能な設計がしてあれば、健康サプリより有効な今後の備えとなります。この頃年金の問題から、老後の必要「金額」ばかりが強調されていますが、健康で快適な住環境が何より大切だと思われます。

しかも、断熱性能のよいエネルギー消費の少ない家づくりを「二度目の家づくり」基準に加えられることをおすすめ致します。

中古マンション売却の不安

 大量供給される中古マンションは投資目的の場合10年程度の賃料収入を得てから売却すると、購入費用から再販価格との差額がそれ程でもないことで、運用利益が見込まれるようだ。

 10年程度なので、住宅設備や建物内装の劣化も少なく、クリーニング程度で再販を行える。

 一方20年超の中古マンションでは住宅設備機器の更新費用、及び再販に向けての美装工事等を行なわなければならない。

 2025年には築年数25年以上の中古マンションが市場の50%を超えると、(公財)東日本不動産流通機構が予想する。市場の半分以上が中古マンションになるとも言える。

 中古マンション市場の値下がりが始まることで、マンション全体の大規模修繕費用などに対応する費用負担の増大など今まで経験したことのないマンション価格デフレが進行するのではないでしょうか。

 マンションの中古価格値下がりが顕著になるころには、地方のマンションはダブつく在庫に一層の値下がりが生じそうである。

 もちろん人口減少が一番の問題であるが宮崎県が、県都宮崎だけに人口が集中して存在することが出来るでしょうか。

 自家消費の農産物に消費税は負担義務がないと言えます。家庭菜園+αで市場競争力のある農産品を生産でき、不足する労力やノウハウを一定の機関や組織が支援すれば農業はサラリーマン家庭に+αの収入をもたらすサイドビジネスになります。

 老後に備えて住まいと食料自給が可能であれば予余の暮しが出来るのではないでしょうか。

 住み易いとなれば若い人達も、地方の田舎暮しを選択してくれるような気がする。電気は太陽光で自給自足に。

 老朽マンションを維持するための大規模修繕費用の負担を気にすることなく、住み続けることの出来る一戸建て、魅力的だと思われませんか。

 

湿度の調整が必要な季節です

 エアコンで暖房すると、室内が乾燥する傾向になります。皆さん加湿の必要性を感じられていることでしょう。

 パナソニックさんからこの湿度について、対策も含めて、役に立つ案内がありましたので、他の情報も含めてご案内致します。

湿度が高くても低くてもリスクがあります。

 ◎神様は人に最適温湿度で暮らすようにカビやウイルスと住み分けをさせておられます。

冬に最適室温は22~24℃

湿度は40~60%程度が最適ですが?

◎湿度のもとは水の粒子です。

粒子には熱がありますので、湿度が高い方が、人間の体表面に熱が伝わるということです。一方衣類は断熱性能が高く湿度による表面温度に差が出にくいようです。

湿度の高い方が人は暖かく過ごせます。

 

アイ・ホームでは気化式をオススメしています。

◎雑菌を放出しない。電気代が安い。

月別ブログ一覧

過去の投稿はこちらから 家づくりblog毎日更新中!! おもしろいからぜひ読んでみてね

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3959番地7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623