アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

話していると、息が白く見える家?

 アイ・ホームの社員で設計や現場の専門のA君に某社のチラシを見せてどうしてこんなに安いのでしょうか、と質問したところ「実は」ということで説明がありました。

 A君の友人が新築の建売を購入したとのことで、子供さんとその家を訪問。話ながら気付いたことは、

「話していると息が白く見える」ということでした。とても寒い日であったようですが、世界保健機構(WHO)はガイドラインで冬季の住宅の最低室内温度を「18度以上」と勧告しています。

 尚、当節のコロナ対策として湿度は40%以上が理想とのこと。

冬場に1度温かい家に住むと

脳神経が2歳若くなる

慶応義塾大学理工学部の伊香賀俊治教授らが2016年から調査研究された結果「冬場に1度温かい家に住むと脳神経が2歳若くなる」ことがわかったとのことです。

 さてアイ・ホームのA君は、お子さんと二人で、当社で建てた家を訪問した時の話もしてくれました。

 その家も子供同士が友達だったから、新築のお祝いに出かけたとのことでした。先の「息が白く見える家」を訪ねた後だったので、よ程その差が顕著となってしまったのですが、

 子供さんは帰り道で

「あの家、暖かいからまた遊びに行こう」と言っていたとのこと。

「子供は正直ですよね」とも!

 

5度暖かいと、10歳脳が若くなる

 室温が5度暖かくなることで脳年齢が10歳若く保てるのだとか。

寒い家では、室温の変化が激しく血管の拡張収縮が繰り返されて、動脈硬化が進化しやすく脳が早く劣化してしまう・・・・?

 住む家の冬場の室温で

脳の老化のスピードが異なるとは!!

 

コメントは受け付けていません。